劇団四季のこと、舞台のことについての日記帳です


by haitaka3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いまさらながらCFY

行ってきました
もう・・・たまりません
岩城サム!!大塚ミンゴ!!


見るだけで笑えます。大好きです。もう一回このメンバーで観たいくらいデットロック気に入りました
中山ピートに会えなかったことなんかもうどうでもよいくらい(笑)
CFY大好き!!


あ・・・でも・・・♪すばらしいリズム~~はちょっと涙でた・・・



なんだか加藤さんの踊りが仙台のときと比べてものすごくよかったです。私信>ごめん柴さん(笑)堪能しました。猫とあいこということで
専用劇場の作りもあったと思うんですがね。デットロックの息使いがものすごく伝わってきました。
栗原ザングラーは初見。広瀬ザングラーの余裕の間というものを見慣れているので、加藤さんとのやり取りにまだちょっとぎこちなさがあった気がします。荒川さんとはどうなんだろう?
栗原さん・・・ちょっとふっくらされました?

牧野ランクはランク!モノにしましたね~~もう!!最高!!
看板割のところのアドリブで思わずでっかい声で笑ったら・・・あの・・・こっち見てにやっ!ってされました。余裕が出てきましたね~~^^

麻美ポリーは・:・ああ・・・全国ず~~っとまわってポリーになったなと・・・
仙台公演のときにちょっと感じたわざとらしさが消えて、ポリーとして生きていたように感じました
セリフも歌も感情の入れ方が自然でした。とってもよかったです

関ワイアット!!!ステキ~~~しびれる~~~おっとこ前~~~もう所作が・・・

岩城サムと大塚ミンゴ荒木ムースについては・・・ここでは書きません。
もう・・・だめだ・・・私しばらく・・・この3人で辛いことを乗り越えられるくらい嵌りました!!

三宅ピート・・・ええと・・・三宅さんっていくつ????あの・・・すご~~くかわいいんですけど。
いじめたいくらい・・・めちゃくちゃかわいい!!お姉さんがなんか欲しいものかってあげるから!新しいじょうろかい?それともスコップ?
中山ピートは頭の周りにひよこがぴよぴよしてそうですが・・・三宅ピートはお花が似合う(笑)

脇坂カスタス!おとな~~~な商売人でした。ステキ!!ステキ!!パーキンス姿に昇天しそうになりました・・・かっこええ・・・・・
菊池ジミー・・・おじちゃんだ・・・でもあの表情がね、すごくよかったの。で、ダンスはやっぱりさすがだったし・・・パエリアの時のターンするところとか・・・もうめちゃくちゃ好みでカッコイイの・・・(ごめんちょびさん!!)AOLおもいだしちゃった。あの菊池さん大好き!!
加藤さんとかと一緒にCFY初期の振り移ししたんだよな~とか全国公演初期のパンフ思い出してました。

で・・・あの・・・デットロックの男たち・・・いつからあんなに汚くなったんですか?顔。
汚いいうより・・・
ばっちぃんですが(笑)あそこまで汚さなくても・・・ムースだけじゃなくみんなにおいそうなんですが・・・(笑)

いや~~楽しい!近かったらキャスト変更あるたびに飛んでいきたいくらい面白かったです。

好きだな~~CFY

で、思いましたよ。仙台CFYデットロックの男たちは・・・あの・・・ねじが抜けていたと(笑)
能天気というか・・・なんというか・・・

今回は脇坂カスタスにしろ菊池ジミーにしろちゃんと生活している人がいたもの(笑)面白いね~~。メンバーちょっと替わっただけでこうも替わるんだ。猫みたい

そうそう・・・あのムース・サム・ミンゴのトリオ!!もうね、荒木さんのムースがまた全く違う感じになっていて・・・というかあの岩城サムと大塚ミンゴに引っ張られて・・・変・・・いや・・・あの・・・ごほごほ・・・いいわ~~この3人。

で、やることなすこと笑いのツボに入って・・・もうあははってでっかい声で笑うんじゃなくって
ぶ~~~~~~っ!!ふ

って噴出しちゃうの・・・
ゴメンナサイ・・・2列目で妙な笑い方をして隣の席の人をバシバシたたいて笑ってたのは・・・私達です・・・

カテコ三宅ピート視線独り占め席だったことに気づきました。

ああ・・・4月8日・・・手放したけど・・・確実に二人ザングラー正面席だった・・・(TT)
そして・・・パエリアピート視線独り占め席だ・・・(TT)うううう

追伸
オケピの指揮者を見て・・・モニターを見て・・・異国のセミナーを思い出し・・・
ドライアイスを見て・・・異国のセミナーを思い出し・・・阿川さんにあいたくなっちゃった(笑)
[PR]
by haitaka3 | 2006-03-06 23:11 | 劇団四季 観☆劇☆記